■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況

レーシックの手術を受けることが出来ないケースとして、まず挙げられるのは角膜の厚みが足りない方となります。
あなたの角膜というのは事前の検査をすることによって、知ることが出来るので後々問題になってくることはありません。

 

レーシックの手術で角膜をレーザーで削ってしまった後でも、十分な厚みを持っていれば再手術をすることが出来ます。
角膜の厚みにつきましては、事前に各クリニックで検査をしてくれるので心配はいりません。
オリンピックや数々のスポーツ大会で大活躍をしているスポーツ選手も続々とレーシック手術を受け始めています。
もうメガネなどに頼る時代は終わりました。これからはレーシックで視力を回復させる時代なのです。 レーシックの手術では、角膜の形をレーザーによって調整をしていくことになります。
目に入ってくることとなる光の屈折の角度を調節していきますので、角膜というのは非常に重要な部分となるのです。



■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況ブログ:2021/1/25

私がピアノを始めたきっかけは、
声楽をやっていた母の
「子どもに音楽の勉強をさせたい」という思いからでした。

やはり音楽の道は厳しいもので、
幼い頃は友人となかなか遊ぶことができず、
寂しい思いもしました。

そのうちピアノの手を休めることができる
「食べる」時間が唯一の楽しみになっていったのです。

あの頃は「食べては弾いて」の繰り返し。
練習の辛さから、わざと食事を長引かせたりしたこともあります。

私にとって食べることは
弾くこととは逆の「癒しの時間」だったんです。

そんな私のために、
母は時々、家の中でちょっと変わったイベントをしてくれました。

それは「おうちバイキング」と「ピクニックライス」。

どちらも
ピアノの練習の辛さなど忘れ、夢中になれる、
私にとって素敵なイベントでした。

おうちバイキングとは、その名の通り、
家のあらゆる部屋においしそうな料理と巻紙が置いてあり、
巻紙には次の部屋のヒントが書かれているというもの。
最後に玄関までたどり着くと、
手作り果物が置いてあって締めになります。

ピクニックライスもまたワクワクするイベントです。
普段はインスタントラーメンやカップ焼きそばを
食べさせることをしない母でしたが、
時々どんなジャンキーなものでも食べて良いという日をつくってくれたのです。

その日は普段の食卓ではなく、
ストーブ横のじゅうたんにインスタント食品を広げて、
母もそこで一緒に食べるというものでした。

母なりに私に音楽以外でも楽しみを与えるために、
一生懸命工夫してくれて、自分も楽しんでいたのだと感じます。



ホーム サイトマップ