■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況

レーシックの手術を受けることが出来ないケースとして、まず挙げられるのは角膜の厚みが足りない方となります。
あなたの角膜というのは事前の検査をすることによって、知ることが出来るので後々問題になってくることはありません。

 

レーシックの手術で角膜をレーザーで削ってしまった後でも、十分な厚みを持っていれば再手術をすることが出来ます。
角膜の厚みにつきましては、事前に各クリニックで検査をしてくれるので心配はいりません。
オリンピックや数々のスポーツ大会で大活躍をしているスポーツ選手も続々とレーシック手術を受け始めています。
もうメガネなどに頼る時代は終わりました。これからはレーシックで視力を回復させる時代なのです。 レーシックの手術では、角膜の形をレーザーによって調整をしていくことになります。
目に入ってくることとなる光の屈折の角度を調節していきますので、角膜というのは非常に重要な部分となるのです。



■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況ブログ:2021/4/15

オレは去年引越しをしました。
はっきり言って、すごく不便なところです。

駅からも遠いし、
バスはよるの7時台には最終が行っちゃうし、
コンビニも30分くらい歩かないと行けません。

なので、車を買いましたが
お酒を飲んで帰ろうものなら、
タクシーに乗るか、テクテク歩くしかないんです。

歩いてるうちに、だんだんと腹が立ってくるんですよね。
「なんで、こんなに歩かなあかんのじゃ〜!」ってね。

だけど、オレはこの家が大好きです。
コーヒーやお茶を入れて飲んだり、本を読んだり、
奥さんとおしゃべりしたり、11時寝なんか、ホント最高ですね。

家が大好きになると、掃除をしたくなります。
いつもは、奥さんが掃除してくれていますが、
「休みの日は、オレがするわ!」って感じで、
掃除が苦でなくなるんですね。

だけど、ホント不思議ですね。
家が好きであればあるほど、
一年間を振り返って、家にいる時間が少なくなっていました。

仕事が忙しくなって、
10時早くから出かけて、よる遅くなったり、
休日にも外出しなければいけない用事ができたり…

そうすると、
ただでさえ家が大好きですから、
だんだん、外に行くのが億劫になってしまいます。

すべてが面倒臭くなって…
そして、家にいても
何もする気がおきなくなってしまっていました。

奥さんとの会話も減ってきていました。
コミュニケーションが少なくなればなるほど、
奥さんのちょっとした言動や行動に、
イライラを募らせたり、言い争ってケンカすることもありました。

ある時、ケンカの最後に
奥さんがオレにこんなことを言いました。

「アンタ、寂しいんか?構って欲しいんかいな?
それやったら、そうと言いなさい!」

まさに、その通りでした!



ホーム サイトマップ