■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき

■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき


■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき
レーシックの手術自体は、妊娠中や出産した直後でも、十分に受けることは可能となっているのです。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。

妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。
「安かろう悪かろう」という言葉がありますが、これはレーシックについてはちょっとニュアンスが異なることがあります。
人気のあるクリニックではそれだけ患者数が多いので安く確実なレーシック手術を受けることが出来るのです。 レーシックの手術が終わった後に使用される点眼は、少量ですが体内の赤ちゃんに吸収されてしまう可能性もあります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。




■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:2021/1/18

減量を成功させるためには、
夕方食の摂取カロリーを減らすのが効果的!
と、よく言われますが…

どうして、
夕方食の摂取カロリーを減らすのが効果的なのかというと…
秘密はからだの機能と生活スタイルにあります。

人間のからだはそもそも日中は脂肪を分解して、
睡眠中に脂肪を蓄える機能が活発になるようにできています。

さらに6時や14時に比べると、
夜は一般的に活動量が減るので
消費されるカロリーが減るのも理由の一つです。

これら2点を踏まえると、
簡単に言えば、夕方食は脂肪になりやすいんです!

なので、
減量を成功させ、無駄な体脂肪をつけないためにも
夕方食のカロリーを抑えるのがベストなんです!

目安としては
夕方食は1日の摂取カロリーの約1/3以下。

例えば、
1日1800カロリー摂取する人だったら、
夕方食は600カロリー以下に抑えましょう。

減量を軌道に乗せるためにも
夕方食はできるだけ、
脂肪の多い食材や油ものを避けるのが理想。

…とはいっても
普通、1日のうち一番カロリーが高い食べる事は
夕方食ですからね。
飲み会などが絡んだりするとさらに増えますよね。

正直、日々は難しいと思いますので、
まずはできる範囲で始めてみましょう。

例えば
夕方食後の果物で果物が楽しみな人は
それを14時食にしてみる…
というような割と簡単なところからですね。

外食はランチだけにすると決めれば、
お財布にも美容にも優しくなるのでは?

ちょっとした減量に対する意識でも、
あとあとの効果は劇的に違ってくるみたいですよ!


■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき

■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき

★メニュー

■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況
■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック
■レーシック情報:最も気になるレーシックの治療費用
■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき
■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係
■レーシック情報:気になるレーシック手術の使用器具
■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる
■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました
■レーシック情報:自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックパーフェクト情報局