■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました

松坂投手がレーシックを決意したのは、先輩が実際に治療したのを聞いて決意したと言われてます。
このことは雑誌やテレビでも報道されているように有名な話なのです。

 

レーシックで0.05の視力が1.5まで回復した松坂投手も現在では、アメリカで大活躍をしています。
この活躍もレーシックをすることによって、視力が回復した効果もあるのではないでしょうか?
最近非常に多くの芸能人やスポーツ選手がレーシックによって視力を取り戻しています。
その影響もあってか一般の人達もレーシックに興味を持ち続々とレーシックを受けているのです。 レーシックの手術の感想として松坂投手は「全然問題ないと言われていたし、しかも治療はアッという間に終了して苦痛もなかった」と報告をされています。
またレーシック手術後の感想としましては「全てがクリアに見えるようになり喜びを実感しています」と会見をしていました。



■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けましたブログ:2021/1/12

減量するとき、
適度に体操することが大切!なんですが…

普段体操をしない人にとっては、
無茶な条件という風に思うかもしれません。

しかし
体操をしなければならないのには
ちゃんとした理由があるんですよね。

減量期間を抜け出せば、
普通の食生活に戻すこととなります。
普通のご飯に戻すと、
再び体重が元の状態に戻ってしまうイメージってありませんか?

確かに減量前のご飯量に戻してしまうと、
摂取カロリーが増えます。
ですから、そのままにしておくと、
再び体重が増加してしまう可能性は高まります。

減量後にご飯をある程度の量に戻しても、
なかなか体重が増えないようにするために
適度な体操が必要なんです。

体操をすれば、おのずと筋肉がついてきます。
この筋肉が、体重のリバウンド対策にはどうしても必要なんです。

筋肉は、わたくしたちの体の中で最もカロリーを使う部分です。
ですから日常の動きを、
筋肉の量の多い人と少ない人が同じようにやったとしても、
使われるカロリーの量に差が出てくるわけです。

減量期間中に、
適度な体操を習慣にしていれば、筋肉の量が増えていきます。
このため、たとえ昔食べていたご飯の量にまで戻したとしても、
筋肉が消費してくれますから、
すぐに体重がリバウンドするということを防ぐことができるんです。

ところが、
ただ単にご飯制限だけで減量をした場合には、
筋肉の量が増えていません。

逆に入ってくるカロリーの量が減ったことによって、
カロリーを無駄に使う筋肉を減らそうとします。
ですからむしろ、筋肉は前よりも減っている可能性があります。

このような事情から、
減量には適度な運動が大切!なのです。


ホーム サイトマップ