■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました

松坂投手がレーシックを決意したのは、先輩が実際に治療したのを聞いて決意したと言われてます。
このことは雑誌やテレビでも報道されているように有名な話なのです。

 

レーシックで0.05の視力が1.5まで回復した松坂投手も現在では、アメリカで大活躍をしています。
この活躍もレーシックをすることによって、視力が回復した効果もあるのではないでしょうか?
最近非常に多くの芸能人やスポーツ選手がレーシックによって視力を取り戻しています。
その影響もあってか一般の人達もレーシックに興味を持ち続々とレーシックを受けているのです。 レーシックの手術の感想として松坂投手は「全然問題ないと言われていたし、しかも治療はアッという間に終了して苦痛もなかった」と報告をされています。
またレーシック手術後の感想としましては「全てがクリアに見えるようになり喜びを実感しています」と会見をしていました。



■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けましたブログ:2021/2/21

俺の結婚生活も、
まもなく1年が経とうとしています。

いやぁ〜思い出しますね。
妻の父母に挨拶行ったときのことを…

俺のイメージでは…

あちらのママが和室に通してくれて、
少しすると、小ぎれいにした親父が
登場するって感じだったんですよね。

お茶を出されて、
その親父とぎこちない話が数分行われた後に、
沈黙になってしまって、
耐え切れなくなって切り出す…

「むすめさんを、ぼくに下さい!!」

…またもや沈黙の後。
コクリとうなづく親父…

みたいなことを考えていました。

そして、
俺にとっての「その時」は、
昨年の正月でした。

俺が妻の実家に訪れると、
親戚がたくさん来られていました。
正月の賑わっているときですもんね。

今までバタバタと走り回っていた、
甥っ子や姪っ子たちも、
「そっちの部屋にいっちゃダメよ!」って感じで、
別の部屋に連れていかれ…

妻の親父と俺の二人にされてしまいました。

そこでは、本当に他愛もない話しかできないし、
上の空だから、今でも何を話したか覚えていません。

案の定、二人とも話すこともなくなって、
沈黙に…

そして、ついに「その時」が来ました。
座っていた座布団から、飛び降り…

「お義父さん、むすめさんと一緒にさせて下さい!一生大事にします!!」
と言って、頭を下げました。

妻の親父さんは、
コクリとうなづくわけではなかったですが、
「なにもできないむすめだけど、こちらこそよろしく頼むわな。」
と、優しく微笑んでくれました。

このとき、
なんとも言えない安堵を感じたことは、
今でも鮮明に覚えています。


ホーム サイトマップ