■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック

レーシックを受けることの出来ないケースとしては、目に何らかの疾患を持っている時となります。
レーシックというのは、非常に敏感な部分となる目を取り扱っているために、治療を受けられる人に制限があるのは仕方の無いことなのです。

 

緑内障や白内障の方や、またはぶどう膜角膜、ヘルペス性角膜炎を起こしたことがある方はレーシックを受けることが出来せん。
また角膜疾患を起こす可能性のある薬を服用している方も断られてしまうことがあるのでご注意ください。
あまりにも数多く存在しているレーシックに関する情報サイトの中には、経験の浅い医師のクリニックが紹介されていることがあります。
レーシックはとにかく経験豊かな医師へ相談をすることが最も大切なことなので、事前に調査をしておくようにしましょう。 目に何らかの病気や疾患があったり、特定の症状があったりする場合は、治療を断念になければいけないことがあります。
そのようなことはレーシックの事前検査でわかりますので、担当医に従う必要があります。



■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシックブログ:2021/4/15

グッドモォニング♪.....φ(-ω-。)。o○(ネムィ…)

今日は休みっ!

仄々しよう♪


一週間位前ね、こんな時期だけど会社の人が実家に
帰ることになって、送別会をしたんだけどね。

東北地方の人で、支社に転勤できるようになったのか
よくわからないけど、雪が凄くて母親ひとりだから心配で
同居することになったみたい。

大変だよね、今年の雪。

家が古いから、親が怖がって…とか言っていたけど、子ども
達からすると、銀世界に大喜びかも。

YOOUTH飲んで雪かきして、室内でできる
エアリーシェイプで鍛えて。

ついでにダイエットシェイク ココア味のんで、仕事先まで歩こうかな
なんて言っていたけど、同居かーってカンジ。

ぼくからすると、親も元気だし、想像もつかないけど、
ふといつかは実家に戻ることになったら…なんて考えてしまった。

今はゲルマニウムとか友達と楽しんでいるけど、
ひょっとしたらそんな余裕もなくなるかもー!


しあさっても美術館に行くけど、同居する気あるか
聞いてみようかなとかふと思ってしまいました。

意外にこれが近い現実だったりすることもあって、考えてみたら
いとこでも同居している子いるけど、それなりにお金には余裕がある
みたいだけど遊んではいないみたい。

ぼくは…性格的に無理かもしれないなー。

気ままだから(笑)

手巻き寿司が食べたいから〜なんてこと言ってられないし、
曇りのち晴れとか天気次第でぐーたらしようなんてできないし。

…お昼からゆっくり起きてなんてやってられないね。

ぼく、もうちょっと何に対しても、ヤル気出さないといけないかも(笑)


ホーム サイトマップ