■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック

レーシックを受けることの出来ないケースとしては、目に何らかの疾患を持っている時となります。
レーシックというのは、非常に敏感な部分となる目を取り扱っているために、治療を受けられる人に制限があるのは仕方の無いことなのです。

 

緑内障や白内障の方や、またはぶどう膜角膜、ヘルペス性角膜炎を起こしたことがある方はレーシックを受けることが出来せん。
また角膜疾患を起こす可能性のある薬を服用している方も断られてしまうことがあるのでご注意ください。
あまりにも数多く存在しているレーシックに関する情報サイトの中には、経験の浅い医師のクリニックが紹介されていることがあります。
レーシックはとにかく経験豊かな医師へ相談をすることが最も大切なことなので、事前に調査をしておくようにしましょう。 目に何らかの病気や疾患があったり、特定の症状があったりする場合は、治療を断念になければいけないことがあります。
そのようなことはレーシックの事前検査でわかりますので、担当医に従う必要があります。



■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシックブログ:2021/2/25

減量に成功して
目標の体重に到達すれば、嬉しい限りですが…

目標体重に到達したからといって、
元通りの食事に戻してしまえば、
おそらく確実に体重は増えてしまうでしょう。

逆に、今までの減量生活を続けていけば、
自分の理想としている体型よりも細くなってしまいます。

なので、減量は
目標点に到達したあとが「厄介」なんですよね!

よく「リバウンド」という言葉を耳にします。

痩せたことに安心して、
元通りの食事に戻したら、
結果体重が増えてしまったというやつですね。

減量した直後というのは、
不安定な状態となっています。

ですから、ごはんを食べすぎると
すぐに体重にあらわれてしまいます。

リバウンド対策として、
あたくしが実践しているのは
「こまめに体重計に乗る」ことです。

コンスタントに体重計に乗ることによって、
自分の体重の増減を理解することができます。

たとえ体重が増えたといっても
こまめにのっていれば、大した増量ではないはず。

ですからリカバーしようと思えば、
容易に取り返すことができる体重の増え方なんですよね。

だいたい、
リバウンドの恐怖というのは
1ヶ月程度続くのが一般的です。

1ヶ月を過ぎて、理想の体重をキープすることができれば、
おそらく元通りの食事に戻しても
問題はないでしょう。

というのも、
自分の体質が初期化を果たすからです。

そして情報の再入力を行い、
今の理想的な体重の状態を
「通常」という風に認識をするからです。

このように減量というのは
ただ単に体重を減らすことだけが目的ではありません。

減らした体重の状態を、
いかに長いことキープし続けるかが、
減量のカギになってくるのです。

今日は、ここまで。

ホーム サイトマップ