■レーシック情報:自分に見合ったレーシックの種類を把握

通常のレーシックのフラップでは衝撃に堪えることが出来ずに外れてしまう可能性があります。
そんな場合にはフラップを作成することなく、角膜の上皮のみを取り除いてレーザーを照射する手術であるRPKという治療法が適しています。

 

まずはどのような種類のレーシックがあるのか、そしてその内容から自分に適しているのはどの方法なのかを調べましょう。
手術を受けることとなるクリニックの選択にもこれは大きく関わってくる問題となりますので、しっかりと事前確認をしましょう。
時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。 RPKという治療法は、角膜の厚みが足りない人に適用することの出来る方法となります。
症状に合わせて理想となる治療方法を探していきますと、あなたに最も適したレーシックを見つけることが出来ます。



■レーシック情報:自分に見合ったレーシックの種類を把握ブログ:2021/5/05

一昨日、
ミーと主人が付き合って半年くらいした頃、
主人からもらった手紙が出て来ました。

その頃、
ミーは仕事の忙しさのため体調を崩し、
入院していました。

入院先はかなり離れていて、
付き合い始めて3日目にして
同棲生活を始めたミー達にとっては、
初めての長期に会えない連日だったのです。

あの頃のミー達は…
それはそれは、
激しいけんかを繰り返していました。

買っても買っても目覚まし時計は壊れていました。
お皿もたくさん割れました。
時には、食食パンがつぶされていたことも…

そんな、
まだまだけんかばかりしていた頃の手紙の内容には…

どれだけミーのことが大好きか、
もっと自分が大きな男になって、
ミーが怒っても怒っても笑っていられるようになりたいこと、
お子さんが生まれても、おじいちゃんやおばあちゃんになっても、
恋人ような関係でいたいこと、
バイトで初めて自分で作ったタイヤキをミーに食べてもらいたいこと、
…などなど

愛かこもった言葉がたくさん書かれていました。
主人はどうすればミーが受け取れる形になるのか、
日々試行錯誤してくれていたのですね。

初めて、その頃の主人の気持ちに気がついて、
びっくりしてしまいました。

その日の夕方は主人と
「お互いおバカだったね〜」と笑い合いました。

でも当時は、
これ以上ないくらい絶望的な気持ちだったのです。

どんなに絶望的なことも、
未来しだいで良い思い出に変えられるのですね…

2月のとてつもなく寒い夕方、
バイクに乗って、一夜かけて、ミーに会いに来てくれた日の、
冷たい手と無邪気な笑顔と、
主人の愛情を4年越しで受け取った夕方でした。


ホーム サイトマップ